譲れない想いを胸に抱いて

IT企業では、様々なビジネスが展開されていく中で、他社との競争に打ち勝つための秘策を思案していることがよくあると思います。
故に、先んじて行動するよりかは、相手の出方をうかがって自分が乗り込んでいくチャンスが訪れたときに、いっきに勝負をつけていこうというその時々の状況判断力が問われていく場合があると思います。
そうしたことから、自分が成功を収めるためには、反撃のチャンスを待ち続ける上での時期を見極める先見力が大きなウェイトを占めているのだと考えられるのです。

IT戦略という言葉があることから、攻撃が最大の防御と言わんばかりに責め続けることによって、勝利を勝ち取れるのだと信じて疑わないエンジニアの方もいることでしょう。故に、こちらの責めが有効である時期のうちに相手に勝ちたい、という気持ちの強さからくる行動力だと言えるのです。

ともあれ、競争力が著しいIT業界において、成功を収めるための行動の仕方は人それぞれであり、その時々の状況に応じて成功に近づく上での出方の変更をされることもよくあるのだと思うのです。
また、様々な戦略を模索していくことが必要となる情報化社会において、自分がその社会の舵取りを任されたときに、自分の力量を認めてくれたんだという喜びをひしひしと感じてくるのではないかと思うのです。

そして、ITを通しての更なる発展を計画している中で、他社を抜きん出ていくための大胆な発想が時として必要になってくる場合もあるでしょう。
要は、一種の賭けをすることによって、自分の実力と運によって新たな道を切り開きたいという想いから来るものだと考えられるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です